地球子ども村 宇宙教育プログラム2017
宇宙飛行士への第一歩を踏み出そう!

宇宙飛行士とは・・・

1985年に初めて日本人宇宙飛行士が誕生してから今年で30年が経ちますが、これまでに日本人の宇宙飛行士はわずか11名しか選ばれておりません。

選抜試験もこの間にわずか5回しか実施されていないという非常に狭き門で、宇宙飛行士という職業は想像を絶する激しい競争の中から選ばれる「人類代表」ともいえるとても特殊な職業です。

そんな特殊な職業である「宇宙飛行士」は、“どんなに苦しい局面でも決してあきらめず、他人を思いやり、その言葉と行動で人を動かす力”を持つ人物が、「極限のストレス」や「突発的・致命的な危機」を乗り越える訓練を何年も行って、ようやく宇宙へ飛び立ちます。

将来、宇宙飛行士や宇宙開発研究者、技術者になりたいという人はもちろん、皆さんが持っている様々な夢の途中には、受験や就職活動など多くの場面で色々な課題が出てきます。

その直面する課題への活路を見出すヒントが隠されているであろう宇宙飛行士から様々なことを学びましょう!

宇宙飛行士の訓練とは?

では、宇宙飛行士は、どんな訓練をして宇宙空間に飛び立つのでしょうか?

宇宙飛行士が行う訓練は、「理解力」「判断力」「集中力」「コミュニケーション力」「危機管理能力」「統率力」「サポート力」などの様々な能力をトレーニングし、宇宙空間で生活・作業するために必要な、チームをまとめる「リーダーシップ力」とチーム全体をスムーズに運営させる「フォロワーシップ力」を養う訓練があります。

この宇宙教育プログラムは、ホンモノの宇宙飛行士が実際に訓練している内容をベースにしたカリキュラムで、JAXA筑波宇宙センターにあるホンモノの訓練施設を使って体験したり、訓練体験参加に向けた事前学習や体験後のまとめ学習を、対象学年に応じてセットにした総合型の体験型学習プログラムです。

宇宙教育プログラム2017は、選べる3つのプログラム!!



目次を増やしたいときは、この下に「分割」パーツを挿入します。






目次を増やしたいときは、この下に「分割」パーツを挿入します。