August, 2013/2013年08月

宇宙教育キャンプ2013 ~イプシロンロケットの打ち上げを見に行こう! 開催

“Space Education Camp 2013. Let’s go to see the launch of the Epsilon Rocket!”

We let students evaluate each other so that they could select their own representative.
41 elite students who were selected from among 192 submissions within Aichi prefecture had a 6 days and 5 nights camp along with a pre-study session.

The main purpose was to see the launch of the Epsilon Rocket which was the new domestic model rocket. But this learning program provided a variety of activities and opportunities such as interaction with space kids in Kagoshima prefecture, the tour and the special lecture at the astronomical observatories, the visit to the facility of JAXA Uchinoura Space Center and learning team work skills from group living.

Supported by JAXA, Aichi Prefecture, Aichi Prefectural Board of Education etc.

他己評価という子どもたちが自分たちの代表を選ぶという選抜方式で、愛知県内192名の応募者の中から選ばれた41名の精鋭が、事前勉強を行った上で5泊6日のキャンプに臨みました。
国産の新型ロケットであるイプシロンロケットの打ち上げを見学するという主たる目的でしたが、鹿児島県内の宇宙少年たちとの交流や天文台での見学・特別講義、JAXA内之浦宇宙空間観測所の施設見学等の様々な学習プログラムと集団生活の中から協調性を学ぶプログラムなど、活動内容は多岐に渡りました。
※後援:JAXA、愛知県、愛知県教育委員会等

November, 2013/2013年11月

ペットボトルロケット工作教室 開催

The PET-bottle rocket making class.

We invited Mr.Tetsuo Kataoka as an instructor. He is an expert in the field of PET-bottle rocket making.
The total of over 200 elementary school children and their families joined and enjoyed the experience of making and launching the PET ?bottle rocket.

ペットボトルロケット製作の第一人者である片岡鉄雄先生を講師に迎え、かすがいビジネスフォーラム内のプログラムとして2日計3回実施し、合計で200名を超える小学生とそのご家族が楽しく工作と発射体験に参加しました。

November, 2013/2013年11月

山崎直子元宇宙飛行士講演会 運営協力

The lecture by Naoko Yamazaki, a former Japanese astronaut,Operational Collaboration

We cooperated with our collaborating organizations, NPO Corp. Sky and Rocket Group to hold a lecture by a former Japanese astronaut Naoko Yamazaki. During the lecture, she explained how tough it is to be an astronaut and shared many interesting experiences from her stay at the ISS(International Space Station) in a way which was fun and easy for the students to understand.

Host : NPO Corp. Sky and Rocket Group.

協力団体であるNPO法人空とロケット団様主催の山崎直子元宇宙飛行士の講演会の運営協力を行いました。宇宙飛行士の大変さやISS(国際宇宙ステーション)滞在時のエピソードなどを楽しくわかりやすく講演していただきました。

※主催:NPO法人空とロケット団

April to August, 2014/2014年04月~8月

宇宙教育プログラム2014(上半期) 実施

The space education program (The first half year).

The theme of the activity was participating in the Astronaut Simulating Training Experience and we focused on developing team works, cooperativeness, leadership and followership (support capabilities).

The students went to the Tsukuba Space Center to participate in the Astronaut Simulating Training Experience. To make the training more successful and to motivate them to attend, we first held classes. Here they learned the answers to questions such as: “What kind of place is space where astronauts work?” or “ What is the purpose of developing and researching space?

宇宙飛行士模擬訓練体験参加を活動テーマとして、チームワークや協調性、リーダーシップやフォロワーシップ(サポート力)を養うということを重点的に活動しました。

宇宙飛行士として活動するにあたって働く現場となる宇宙とはどのようなところか?宇宙開発や宇宙研究にどのような意義があるか?なども学習し、訓練成功に向けたトレーニングと訓練参加へのモチベーションアップを図ったうえで、筑波宇宙センターでの宇宙飛行士模擬訓練体験に参加しました。

August to September, 2014/2014年08月~09月

宇宙教育キャンプ2014 ~宇宙飛行士の訓練に参加しよう! 開催

Space Education Camp 2014 "Let’s participate in the astronaut training "

As happened at the space education camp in 2013, the children selected their own representative and a total of 100 elementary school children over three sessions visited JAXA Tsukuba Space Center. This Space Center had the facilities where the actual astronauts trained and the students participated in the Astronaut Simulating Training Experience.

In addition to the Astronaut Simulating Training Experience, we had a tour of the facilities at JAXA in Tsukuba and Sagamihara. We saw the real satellite (auxiliary) and learned the history of Japan's space development through the exhibition. It was a very exciting three days for the boys and girls who yearn to be astronauts and love learning about space.

※Cohost:JAXA、Support:Aichi Prefecture、Aichi Prefectural Board of Education
※Held as JAXA Cosmic College

宇宙教育キャンプ2013同様、子どもたちが自分たちの代表を選び、3回合計100名の小学生が、ホンモノの宇宙飛行士が実際に訓練を行う施設があるJAXA筑波宇宙センターを訪れ、模擬訓練体験に参加しました。

宇宙飛行士訓練体験のほか、筑波と相模原のJAXA施設見学も実施しました。
ホンモノの人工衛星(予備機)を目の当たりにしたり、展示物から日本の宇宙開発の歴史を学ぶなど、宇宙飛行士に憧れる宇宙大好き少年・少女たちには刺激的な3日間となりました。

※共催:JAXA、後援:愛知県、愛知県教育委員会 
※JAXAコズミックカレッジとして実施

October, 2014/2014年10月

NASA教育プログラム「ARISSスクールコンタクト」 交信員派遣

NASA Education Program “ ARISS School Contact”Sent our students as the communicators

ARISS School Contact is one of the NASA Education Programs allowing students to contact astronauts on board the International Space Station (ISS) using amateur radio.
We selected six members from SEC and they enjoyed the challenge of contacting someone in space.

※Host:NPO Corp. Sky and Rocket Group.

ISS(国際宇宙ステーション)に滞在している宇宙飛行士とアマチュア無線を使って交信するというNASAの教育プログラムであるARISSスクールコンタクトに、SECメンバーから6名を選抜して宇宙との交信にチャレンジしました。

※主催:NPO法人空とロケット団

October, 2014 ~/2014年10月~

宇宙教育プログラム2014(下半期) 実施

Space Education Program 2014 ( The second half year)

The theme of the activity was the launch of Hayabusa II. Our goal was to see the launch of H-II the rocket carrying Hayabusa II at Tanegashima.
We had three sessions to learn about the features of the fuselage of Hayabusa II and the whole picture of the project before the launch observation camp. After the camp we studied basic space science and space engineering using the key points they had learned during the project.

はやぶさⅡの打ち上げを活動テーマとして、はやぶさⅡを載せたH-ⅡAロケットの発射を現地・種子島で見学することを目標に活動してきました。打上げ見学キャンプ出発前に3回の講義ではやぶさⅡの機体特徴やプロジェクト全容を学び、キャンプ後にはプロジェクトの中からポイントを抽出して宇宙科学・宇宙工学の基礎を学んでいます。

December, 2014/2014年12月

米国ブラウン大学・廣井孝弘博士による特別講義 開催

Dr.Takahiro Hiroi is one of the members of the project asteroid explorer “HayabusaⅡ. He has a long career and is currently active in the field in the USA. He gave us a lecture about the mystery of the universe from the Big Bang to the birth of the Earth, the future of the science, and the project asteroid explorer “HayabusaⅡ.

小惑星探査機はやぶさⅡプロジェクトのメンバーでもあり、アメリカでご活躍中の廣井博士による講演会を実施しました。ビッグバンから地球が出来るまでの神秘とこれからの科学の話やはやぶさ・はやぶさⅡの小惑星探査プロジェクトについて講演していただきました。

MENU